皮膚科に求めるもの|納得のいくシミ取りを行なえる

  1. ホーム
  2. 痛みを抑えた巻き爪治療

痛みを抑えた巻き爪治療

女の人

保険適用外の治療も行う

巻き爪は、爪が皮膚の周囲に食い込んでいる状態なので、炎症を起こしやすく、進行すると出血がしやすくなったり、爪が柔らかくなってしまい、変形が見られるようになります。皮膚科などに通院をして、適切な治療を受けないと、歩行が困難になってしまいます。比較的軽い状態の場合は自宅でテーピングをして、爪を皮膚から離すことで、痛みを緩和できます。東京の皮膚科では、経験豊富な医師が在籍をしているので、痛みを最小限に抑えた巻き爪治療を心掛けています。東京の皮膚科では、保険適用外の治療になりますが、ワイヤーによる矯正治療を行っています。爪の形状によっては、治療期間が長引く場合もありますが、手術に比べると体に負担が少ないのが特徴です。東京の皮膚科では、ワイヤーによる矯正治療を行っていますが、安全性の高い治療なので、安心して下さい。普段の生活では、サイズに合っていない靴を履かないようにしたり、足袋やストッキング、タイツなどで、長時間患部を圧迫しないことも大事です。痛みが強かったり、巻き爪による変形が原因で、歩行に支障が出ている場合は、手術による治療を行っています。東京の皮膚科ではきちんと麻酔を行っているので、手術中に痛みを感じることはなく、施術時間も10分程度になっています。手術を受けた後は、出血がない場合は、翌日から入浴も可能になっています。手術を受けた後は、入浴時などに医師に処方してもらった軟膏などを付けておく必要があります。巻き爪は深爪をすると、悪化しやすいので注意して下さい。